ストレスを減少させる

ストレスを減少させる

 

本日のテーマは

「ストレスを減少させる」です。

毎日の暮らしの中で過度のストレスが少しでも減ってくれたら

人生を軽やかに生きることが出来ると思い

このテーマを選びました。

 

1、コントロール可能・不可能の判断と対処

 

日々の暮らしの中には

沢山の課題や解決したい問題があると思います。

時には何から手を付けたら良いのか

混乱してしまうこともありますよね。

 

その混乱がストレスを増加させます。

 

ならば沢山の課題や解決したい問題を整理するこで

混乱を解消出来るのではないでしょうか。

 

実は人間は

コントロール不可能なものをコントロールしようとしたり

コントロール可能なものを自分には無理と勘違いしたりして

それがストレスの原因を作ることがあります。

 

例えば

他人をコントロールすることは

不可能なのに

他人をコントロールしようとしたり

逆に

自分の意思で行動に移せることでも

過去の経験則から

自分には無理と思い込んでしまい

行動しなかったりなどです。

 

では

具体的な整理方法をお話しましょう。

 

まずは現状の課題や問題を書き上げ

それらをコントロール可能なのか不可能なのかに振り分けることです。

 

ここで振り分けただけで先に述べた

コントロール可能・不可能の勘違いの整理ができます。

 

そして、コントロール可能と判断したものは

しっかりエネルギーを注ぐことで解決出来ることなのでOKですよね。

 

次に、

コントロール不可能なことに関しての対処です。

その方法は100%受け入れる。

そして、その後で選択できる対策をリストアップし

その中で最善の選択をする。

 

例えば

明日はディズニーランドでデートだとします。

なのに天気予報は雨の予報。

天気はコントロール不可能なので

悩んでも仕方がないと100%受け入れ

選択できる対策は

・傘を用意する

・日にちを変更する

・場所を屋内に変更する

などのリストから最善と思うものを選ぶ。

 

この方法は色々応用出来るので

試してみてください。

 

2、大事なのはエネルギーのかけどころ

 

実践してみると疑問も出てくると思います。

 

例えば

コントロール可能・不可能の境界線です。

これが人によって変わってきます。

この境界線に大きな影響を与えるのが価値観です。

 

価値観は過去の経験や見聞きしたもので変化します。

ですから境界線は変化すると思っていてください。

 

今日のお話の

もう一つの大事なこと

それはエネルギーのかけどころです。

 

多くのエネルギーを注ぐのは

自分がコントロールできること!

コントロール不可能なことに関しては

お話したように対処して

エネルギーを掛け過ぎないことです。

 

それによってコントロール可能なことに

集中して取り組むことが出来るので解決や達成が進み

よりストレスが減少してきます。

 

読むだけだと難しく感じるかもしれませんが

実践してみると頭と心が整理されると思うので

あなた流にアレンジして日常生活で活かして頂ければ

嬉しく思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コーチングカテゴリの最新記事